ダイエットで効果的に肥満を改善|ドンドン痩せる治療

ウエスト

肥満外来を利用して痩せる

女医

肥満外来での治療とは

色々なダイエット法を試してみたがどれも長続きしなかった、一度は痩せたもののすぐにリバウンドしてしまったなどのダイエットに関する様々な悩みをお持ちの方は多いようです。ダイエットが失敗する最大の原因としては、本やテレビで得た知識をもとに栄養学的・医学的根拠がないまま自分勝手な方法でダイエットを行うことにあります。また方法によっては健康面にダメージを与えかねない大変危険なケースもあります。ダイエットに関する悩みをお持ちの方は、いちど病院の「肥満外来(ダイエット外来)」を受診してみてはいかがでしょうか。肥満外来では、まず血液検査や内蔵脂肪測定、体脂肪測定やCT検査などのメディカルデータのチェックが行われ、肥満の原因が医学的見地から判断されます。もしこの段階でホルモン異常などが肥満の原因であると判断された場合は、その治療が優先して行われます。その後、普段の食事内容や生活リズムを問診シートに記入して栄養管理士から食事指導が行われます。合わせて運動能力の測定も行われます。このようにして集められたメディカルデータから治療の方針が決定されて、医師・栄養管理士・薬剤師・心理カウンセラーなどがチームとなってあなたの肥満治療をサポートしてくれます。病院の肥満外来での治療の特徴としては、医師の処方があれば食欲抑制剤などを使った薬物療法が行われる場合があること、また健康保険の適用が可能となる場合があることなどが他のダイエット方法と異なる点としてあげられます。

肥満外来による治療の流れ

肥満外来での治療の流れとしては、主に食事療法と運動療法を組みあわせて治療を行いメディカルデータの変化をチェックします。そして必要に応じて薬物療法が行われます。食事療法では、医師や栄養管理士のもとで必要な食事制限を行います。食事療法といっても「食べない」「糖質を取らない」といった辛いものではなく、生活するのに必要な栄養素を十分にとったうえで、脂質や糖質の過剰摂取を防止するために日々の食事内容を記録して改善するという作業を行います。運動療法では、運動生理学の専門家のもとでウェイト・トレーニングなどの筋力運動に有酸素運動や柔軟運動を組み合わせて実施します。基礎代謝を上げて肥満になりにくい体質作りを目指します。薬物療法では、医師が必要と判断すれば食欲抑制剤などの肥満症治療薬が処方されます。肥満外来の治療は即効性のあるものではないため、最低でも数ヶ月間は継続する必要があります。続けることが辛くなってきたときにはカウンセラーに相談することで対処します。心配される費用面ですが、肥満外来での治療は肥満がもたらす生活習慣病を治療するという側面があるため、場合によっては健康保険の適用が可能となっています。このため自己負担を3割などに抑えることができるため、エステサロンなどによるダイエットと比べて有利となっています。ですが病院で実施される治療内容によって健康保険の適用の可否がまちまちであるため、治療を相談する段階で費用面や健康保険の適用の有無についてしっかりと説明を受けて納得したうえで受診する必要があります。ダイエットのことでお困りの方はいちど病院の肥満外来を受診してみてはいかがでしょうか。