ダイエットで効果的に肥満を改善|ドンドン痩せる治療

ウエスト

肥満治療を行う外来とは

お腹

肥満と生活習慣病の関係は

メタボリックシンドロームという言葉が普及していくとともに、肥満は生活習慣病に密接に関係するということが広く認識されるようになりました。そこで最近では、ダイエット外来の診療科を設けている病院も登場しています。そもそもダイエットは肥満体型が見た目が悪いということで、スリムな美しい体型にするという外見的な面を重視し、主にジムやエステサロンによる美容関係の施設で行われてきました。ところが最近になって、肥満が高脂血症や中性脂肪などによる悪玉コレステロールが原因であることから、病院でもダイエット指導を受けることができるようになりました。病院でダイエット指導を受けることのメリットは、自分の健康状態をより詳しく把握できることと、自分の健康状態にあった方法でダイエットができるということにあります。スポーツジムでも食事制限や医療施設と連携して、ダイエットのエクササイズを行っているところもありますが、病院の場合は既往症のある人や疾患のある患者でも、体調や体力に応じたより的確な指導を受けることができます。また万が一患者の身体に異変があった場合は、速やかに診察をしてもらえ的確な処置が受けられます。ダイエット外来では食事や生活習慣の改善、運動による基礎代謝向上などの治療方法のほかにも、脂肪吸引や脂肪溶解注射のような外部施術による部分やせの治療法もあります。いずれも専門医が患者の身体の具合を常に見ながら行っていきますし、カルテで記録を残しますので、今後医療機関で受診をすることがある場合でも安心です。

健康を守りながら行います

病院での肥満治療は、特に中高年を中心に人気が高まってきています。その理由としてスポーツジムやエステサロンのように若い人だけでなく、中高年や年配の人でも無理せずにダイエットが行えることが挙げられます。また病院では患者の体調管理を重視して治療を行いますので、無理にスリムになってリバウンドをするリスクが低いのです。特に自己流でダイエットを実践した人の場合は、せっかくスリムになったのに身体がだるくなったとか、風邪を引きやすくなったなど、健康を害したケースも少なくありません。肥満治療を行っている病院では、このようなダイエットによるリバウンドで苦しんでいる人や、健康状態を悪くした人に対しても適切な治療を行っていきます。そして内臓脂肪が内臓を圧迫し過度な負担をかけている場合は、脂肪吸引などの施術により身体の負担を軽減することも行います。今までエステサロンでしか受けられなかった施術も行うことで、患者が納得のいく治療が受けられます。ところでダイエット外来の場合、患者の健康状態や医療機関によって異なりますが、保険が適用される場合があります。仮に保険が適用されない場合の治療費は、検査から治療終了までの費用が約2万円から6万円位です。スポーツジムやエステサロンと比べると価格も手頃ですし、保険が適用された場合はさらに治療費が安くなります。このようにコストが手頃であるということも、人気がある理由の一つになっているようです。ちなみに病院によっては投薬治療を行っているところもあり、食欲抑制剤を処方される場合もあります。その場合も患者の体調を見極めながら行われます。